クラウド会計freeeの機能~新しい自動で経理~

2018年6月7日 カテゴリー: コラム

自動で経理

クラウド会計freeeの特徴的な機能と言えば、自動で経理!
その画面で、下記の表示がされませんか??

新しい自動で経理

実はだいぶ前から実装されている機能ですが、最近は積極的に切り替えを推進しているようです。
なので、今回は新しい自動で経理の機能を一部ご紹介いたします!
 

通常の登録

①単一の明細の登録
旧自動で経理と登録方法自体に違いはなく、表示されている勘定科目に問題なければ登録を押すだけです!

②複数行取引の登録

複数行の取引登録を行う際には、まず、明細のグレーの箇所をクリックします。

その後は、取引登録画面が開くので、旧自動で経理同様に[+行を追加]ボタンをクリックして、取引の行を必要なだけ追加し、登録します。

 

一括登録

上記の通り、通常の登録については、UIの以外大きな変化がないことがわかるかと思います!
大きく変わった機能の一つが一括登録です!名前の通り、複数の取引を一括して登録することが可能となりました。

①使用方法

・一括登録を行いたい取引にチェックをつける。
ヘッダー行のチェックボックスにオンにすることで、読み込んでいる明細すべてにチェックをつけること可能です。
個別で選択したい場合には、明細の左にあるチェックボックスをオンにします。

・一括登録
チェックをつけると、登録登録の画面が表示されるので、登録したい勘定科目などを入力します。
注意点として、一括登録の入力欄(下画像①)に入力した内容のみが保存されます。
例えば、各取引に品目を入力していても、一括登録内容に入力していなければ、品目は保存されないので、
タグをつけたい場合、必ず下画像①の箇所に入力してください。

②活用術
一括登録の活用術としては、ルールが設定できないものをまとめて登録する!ことにあるのではないかと思います。
例えば、飲食店のように明細の内容が店舗ごとに違うものなどをまとめて交際費にする、などです。まず、一括登録を行わない明細をポチポチ登録していき、最後にまとめて一括登録!!をすることでスムーズに処理が終えることができますね。

自動で経理から新しい自動で経理になり操作方法や機能で変わった部分がまだもう少しありますので、それについてはまた次回以降の
記事に投稿いたしますので、是非ご覧になってください!

お電話・・・メール・・・にてお気軽にお問合せください!

24時間365日受付中! メールでのお問い合わせ

お待ちして
おります

TOP お問合せ