クラウド会計freeeで請求書も作れるの??

2018年5月26日 カテゴリー: クラウド会計, コラム

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」は、会計の知識がなくても全自動で会計処理をしてくれる便利なツールですが、

請求書も簡単に作ることもできます。

 

今回はクラウド会計freee(フリー)で請求書を作成する方法をご紹介します。

 

①freee(フリー)で簡単に請求書を作成する方法

まず、freee(フリー)にログインした後「請求書を作成」を選択します。

つぎに請求書の名称や住所を入力していきます。

基本的な入力フォームは出来ているので、指示に従って入力するだけでOKです。

請求書のレイアウトは十数種類あるので、好きなデザインを選べます!

請求内容、数量、単価、立替経費、源泉税等の入力が終わったら「保存」をクリックするだけで、あっという間に請求書が完成します。

早ければ2分かからないぐらいですぐに作成できます。

請求書を作成すると、プレビュー機能でどんな請求書ができたのかを確認することができます。

 

②クラウド会計freee(フリー)で作成した請求書をメール送信または郵送する方法

freee(フリー)では作成した請求書をPDFにして保存したり、

メールで送信することが可能です。まず、先ほど作成した請求書をクリックします。

すると「PDFでダウンロード」や「メール添付」ボタンが表示されるので、お好きなボタンをクリックすればOKです。

例えば、メールで得意先に請求書を送りたい場合は、「メール添付」をクリックし、

得意先のメールアドレスを入力、「メール内容を確認する」だけでメールで請求書を得意先に送れます。

もちろん、メール文面はデフォルトであるので、そのまま使用すればOKです。

 

さらに驚きなのが、ワンクリックで郵送もできるということ、

業界によっては請求書のメール送信はNGで必ず郵送で送るところもあるかと思います。

そんなときは、「郵送」をクリックすると1通150円で郵送可能です。

ちなみにこの150円は切手大込みなので、実質的な手数料は80円切手を差し引いた70円!

封入したり糊付けしたり郵便ポストに投函したりの手間を考えるととても割安ですね。

こういう細かいところを時短して本業にフォーカスしていきたいですよね。

 

【クラウド会計専門の会計事務所があなたの経理業務を効率化します!】

野口五丈公認会計士・税理士事務所

クラウド会計freee5つ星認定アドバイザー

東京都渋谷区道玄坂1-19-13トップヒル並木5F

お電話・・・メール・・・にてお気軽にお問合せください!

24時間365日受付中! メールでのお問い合わせ

お待ちして
おります

TOP お問合せ